닫기

연락처
기념재단
TEL. 063-530-9400
박물관
TEL. 063-530-9405
기념관
TEL. 063-530-9451
Fax.
063-538-2893
E-mail.
1894@1894.or.kr

동학농민혁명기념재단 사료 아카이브 로고

SITEMAP 전체메뉴

1차 사료

사람이 하늘이 되고 하늘이 사람이 되는 살맛나는 세상
大阪朝日新聞 대판조일신문
  • 기사명
    明治27年 10月 30日
  • 이미지
    prd_0136_099 ~ prd_0136_100 (99 ~ 100쪽) 이미지
  • 날짜
    음력 1894년 10월 02일
일러두기

10月30日
●學徒蠢動
(廣島特派若松永胤發)

二十五日午後十一時仁川發にて大本營に達せし
電報左の如し

嚮に朝鮮兵の應援として京城より派遣したる守
備隊當地にて東學黨の巨魁一人を捕へ水原府に
預け置きたるに東學黨は之を奪はん爲其牢屋を
脅せりとの報ありたる爲朝鮮政府は兵を派せん
とて其外務大臣より我兵の援を請ひたる趣にて
杉村臨時代理公使より出兵の照會あり因りて二
十五日午後五時仁川守備隊より二分隊を水原府
へ向け派遣せり嚮に派遣しある守備隊は公使の
要求あり一は水原牙山を經て定山まで一は竹山
鎭川を經て忠州に至るの豫定なり全羅道咸悅、
扶安、古阜、慶尙道開寧、星州等にも同黨集合
の報告あり

●東學黨を擊退す
(釜山特派片山猪三次發)

今朝尙州に在る千人許の東學黨を擊退せり賊の
死傷五十人我兵死傷なし分捕無數

●東徒侵襲の報告 本月廿二日釜山兵站司令官
今橋少佐發の報に據るに左の如し

一 先に河東府附近に派遣したる潛行偵察の內朝
鮮警察吏一名憲兵卒一名昨廿一日歸還せり(陸
路を取りし爲遲着)

一 目下東徒は晉州附近に在りて地方官に迫り金
穀を强奪し所在の人民を恐迫煽動して加盟せし
め若し應ぜざるものは忽ち財を奪はれ家を燒か
れ已むを得ず加盟せしもの多きに居ると云ふ

一 人員は確知するを得ず或は萬以上と云ひ或は
數千とも云ひ其實を詳にせざるも諸種の徵候に
由て推測を下すときは四五千に上らざるべし

一 暴徒の首領は金商奎及金溝人の二名にして尙
此二人は目下全羅道に在る河孫中、金彖斗二名
の指揮を仰ぎ居れりと云ふ

一 暴徒は漸次昌源府、金海府に向はんとするも
のゝ如し其進路は確知し難しと雖ども風說に依
れば伵川、固城、鎭海の各縣を經過すと云ふ

一 守備兵の內遠田中尉の二小隊、藤阪少尉の一
小隊、憲兵二名、朝鮮國監理衙門の官吏二名、同
巡査十五名を今廿二日早朝白川丸に乘せ馬山浦
に派遣せしめ暴徒の狀況に依り二道より晉州に
向ひ進ましめたり本日正午には馬山浦に上陸す
るならん其目的は暴徒を鎭壓し勉めて首領徒を
生擒するに在り

一 此の鎭壓兵を送致する爲總領事と商議し昨夜
入港せし商船會社汽船白川丸を今一日徼發▣役
せり

이 페이지에 제공하는 정보에 대하여 만족도를 평가해 주세요. 여러분의 의견을 반영하는 재단이 되겠습니다.

56149 전라북도 정읍시 덕천면 동학로 742 TEL. 063-530-9400 FAX. 063-538-2893 E-mail. 1894@1894.or.kr

문화체육광관부 전라북도청