닫기

연락처
기념재단
TEL. 063-530-9400
박물관
TEL. 063-530-9405
기념관
TEL. 063-530-9451
Fax.
063-538-2893
E-mail.
1894@1894.or.kr

동학농민혁명기념재단 사료 아카이브 로고

SITEMAP 전체메뉴

1차 사료

사람이 하늘이 되고 하늘이 사람이 되는 살맛나는 세상
大阪朝日新聞 대판조일신문
  • 기사명
    明治27年 7月 8日
  • 이미지
    prd_0136_075 ~ prd_0136_076 (75 ~ 76쪽) 이미지
  • 날짜
    음력 1894년 06월 06일
일러두기

7月8日

●朝鮮時事問答 是れ近刊の滬報揭ぐる所の論
說なり其當下の大勢を斷ずるに孺子妬猜の辯を以
て虛詭迂僻の論を飾り而して其中心一點の弱氣を
着くる處憐むべく笑ふべきものあり以て銷夏の好
材料と爲すべし例の拔抄下の如し

地球環游の客、後樂君の海上庽廬を過る時に識微
子、杞憂生と座に在り客、腕を攘げて言て曰く子
朝鮮の近事を聞かず乎金玉均の戮に就くや朝鮮國
王爰に國法を伸べ其尸を磔し其宗族を按誅す乃ち
東學黨なるもの遽かに敢て衆を聚め戈を稱し城を
攻め地に據り韓京に逼近す朝鮮は國小に兵孱し屢
次戰ひ屢次敗る員を遣はし秦廷の哭に傚ひ助を中
朝に求む中朝、葉、聶兩軍門を簡び▣を建て東行し
大義を天下に伸ぶ所謂王師時雨天に應じ人に順ふ
もの惟に朝鮮の官民感激涕零するのみならず當に
亦天下萬國の同聲快を留すべき者也此ごろ中西各
報を閱するに日本亦商▣を糾集し兵萬二千名を派
して前往せしむ竝びに聞く叛黨據る所の地日本官
兵ある甚だ多し亂を助くる乎抑も亂を平ぐるを助 くる乎解すべからざる已と後樂君曰く日本は小國
と雖も年來法を泰西に傚ひ發憤自から雄とす其兵
を遣るの意知べからずと雖も大抵亦亂を平ぐるを
助くる耳と識微子曰く然らず予甲申の事を觀て而
して日本の亂を助くるを知るや決せり其時中國適
ま法越の隙あり朝鮮の叛黨陰謀旣に定まり日本公
使に請ひ兵を以て宮に入り朝王を劫制し其大臣を
誘誅し宮門を守る朝鮮の國祚岌岌然として纍卵の
危あり慶軍宮門を攻むるに迨んで日本兵死傷纍纍
自から敵せざるを知り叛黨と與に朝王を挾み出走
す華兵窮追力襲日本兵乃ち朝王を路に置き而して
叛黨と偕に歸れり叛黨の法外に逍遙せるもの玆に
十載日本之を驅らず之を罪せず且從うて之を優容
豢養す而して叛徒を刺す者且囹圄に拘禁し判する
に死罪を以てす中朝の叛黨を待つや此の如く日本
の叛黨を待つや彼が如し今東學黨の亂は玉均の誅
せらるゝを聞きて起れる者也前後を統觀すれば則
ち朝鮮の叛黨は日本の倚りて以て陰かに朝鮮を覆
へさんとする所の者也然らば則ち日本の兵を遣る
は亂を助くるものにして亂を平ぐるに非ざる也と
杞憂生曰く甚矣日本の愚なるや (未完)

이 페이지에 제공하는 정보에 대하여 만족도를 평가해 주세요. 여러분의 의견을 반영하는 재단이 되겠습니다.

56149 전라북도 정읍시 덕천면 동학로 742 TEL. 063-530-9400 FAX. 063-538-2893 E-mail. 1894@1894.or.kr

문화체육광관부 전라북도청