닫기

연락처
기념재단
TEL. 063-530-9400
박물관
TEL. 063-530-9405
기념관
TEL. 063-530-9451
Fax.
063-538-2893
E-mail.
1894@1894.or.kr

동학농민혁명기념재단 사료 아카이브 로고

SITEMAP 전체메뉴

1차 사료

사람이 하늘이 되고 하늘이 사람이 되는 살맛나는 세상
大阪朝日新聞 대판조일신문
  • 기사명
    明治27年 6月 5日
  • 이미지
    prd_0136_017 ~ prd_0136_019 (17 ~ 19쪽) 이미지
  • 날짜
    음력 1894년 05월 02일
일러두기

6月5日
●東學黨益猖獗
(仁川特置通信者發)

官軍敗れ大將死す全州は東學黨に略取せられ電
報通せず政府狼狽し京城の人心洶洶たり又兵六
百を發す

(以上二項は一昨夜及び昨朝城外とせしモのな▣▣及ばざ
る方もあらん)

●朝鮮警報 (東京發至急報)

朝鮮の內亂に就き左の要報を聞得たり

東學黨の叛亂に就きて曩に其筋より朝鮮に派遣
し實地視察をなさしめたる武官あり武官一昨二
日歸來り東學黨の形勢愈よ大亂とならんとする 趣を報告せり

朝鮮政府は淸國より兵を出して東學黨を鎭撫せ
られたしと駐在官袁世凱氏に申込みたるに袁氏
は至極同意なるも公然淸國政府へ請求する方宜
しからんとの旨を告げ朝鮮政府已に公書を以て
淸國政府へ援兵派遣の請求をなしたるよし

我人民居留地保護として若干名の巡査を朝鮮に
送らんことに決定したり

朝鮮駐在官より日日祕密電信にて危急の狀を報
告し來り朝鮮政府は已に淸國政府へ出師の請求
をなせしこと明瞭となりしかば我當局者は陸軍
大臣邸に會議を開きたり今日も早朝より會議し
つゝあり海軍大臣も之に會せり

大鳥公使は內閣の方針確定せば今日の中にも直
ちに出發すべしとなり

此報も昨日取りあへず號外とせしが一旦電信
局の配達を受けし後東京にて俄に其中軍機に
關する事に就き修正を施すに至りしかば號外
として報道するまでに太く手間取りたり

●陸軍大臣邸の會議
(東京發)

前刻電報せし陸軍大臣邸の會議は參謀會議にて
有栖川參謀總長殿下及び川上參謀本部次長、大
山陸軍大臣、西鄕海軍大臣、伊藤內閣總理大臣、
兒玉陸軍次官、中牟田海軍軍令部長其他將校出
席し午後二時に至りて閉會せり議する所矢張り
朝鮮に關する事なりしならん

●軍務局 (同上)

陸軍省軍務局は非常に繁忙なる模樣なり

●朝鮮行の巡査 (同上)

前報朝鮮行の巡査は二十人にて明日か明後日出
發す全く我公使館護衛の爲なりといふ

●東學黨京畿に迫らんと
す (東京發至急報)

昨三日京城發にて左の電報ありたり

官軍又全州礪山に大敗し副將以下死する者二百
餘人、東軍已に公州石城を占據し將に京畿に進
まんとするの勢あり是に於て韓廷更に五百餘の
兵を發して天安の街路を扼したり

●朝鮮兵亂 實にや生民の血は絶えず地球の上
に流る朝鮮に於ける洋倭斥逐の革命軍が意外にも
破竹の勢を以て京城に迫れりとは電報の示す所な
り而して中にも吾人が耳朶を貫くものは朝鮮政府
より公文書を以て出師來援を淸國政府に請ひ淸兵
將に境を越えんとする事是なり十八年五月に於け
る天津條約の一節を案ずるに曰く

一將來朝鮮國若し變亂重大の事件ありて日(日
本)中(支那)兩國或は一國兵を派するを要す
るときは應に先づ互に行文知照すべし其事定
まるに及では仍卽ち撤回し再び留防せず

淸國果して援兵を出したるか抑旣に我國に向て
行文知照を經たるか是れ吾人の聞かんと欲する所、
他日當に詳論すべき也

●朝鮮の風雲益急なり 全羅道を根據としたる
東學黨の亂民連戰官兵を破り全州は早く其有に歸
し今は旣に進んで忠淸道に入り公州石城を占領し
政府は爲に援兵六百を增發して天安の要衝を扼せ
しむるに至れる事旣に一昨日來の電報に見えるが
如し石城は京城を距ること陸路我廿六里、天安は
十八里廿四町許なり京城の周章以て知るべし

●東學黨の占領地 亂民の全州を侵略し忠淸道
に進入せしこと前項の如し今全羅道に於て占領せ
る地區を擧ぐれば左の如し

羅州 守兵八百餘(京城まで六十六里廿四町)
光陽 同千百餘(同七十二里十六町)
扶安 同三百餘(同五十里廿四町)
興德 同千四十餘(同五十六里)
高敞 同六百餘(同五十六里卅二町)
益山 同八百餘(同四十里)
寶城 首將、副將の兵營あり總勢一萬六百餘

●朝鮮の內情 去廿三日京城發にて當地の或方
に達したる報には東學黨は風說ほど强大の勢力は
なく來月下旬にも至らば鎭定すべし左れど若し朝
鮮政府にして東學黨騷亂鎭定を名として淸國政府
に出兵を乞ふに至らば其時こそ朝鮮政府が支那の
屬國となるべき端緖を開き由由しき一大事なれば
油斷なり難しとは獨立黨一派の意見なり朝鮮現政
府に立つ閔泳駿支那駐在官袁世凱氏に謀りて淸廷
に出兵を乞はんとしつゝ在りと云へば今後は事大
黨と獨立黨との間に一大爭鬪を生ずるに至るべし
云云とありたりと云ふ

이 페이지에 제공하는 정보에 대하여 만족도를 평가해 주세요. 여러분의 의견을 반영하는 재단이 되겠습니다.

56149 전라북도 정읍시 덕천면 동학로 742 TEL. 063-530-9400 FAX. 063-538-2893 E-mail. 1894@1894.or.kr

문화체육광관부 전라북도청